FC2ブログ
【気づき2488】〔自分の個性は、自分が受け入れてこそ輝きだす〕
2018 / 12 / 09 ( Sun )





◆商売をするとき、


多くが競合する領域に参入しても長く戦い続けることはむずかしくなる、


という考えをある書籍で読みました。



その本には、


「他社が参入しにくいけれども、


自社の持ち味を活かせる分野で努力を積み重ねることができる、


ブルーオーシャンを確認しなければならない」


というようなことが書いてあったと記憶しています。



◆組織が生き残ることを考えるのと同様に、


個人としてもどのように生きていけばいいかは常につきまとう課題です。



早くから考えなければなりませんし、


生きている間中、


ずっと考えていかなければならないことなのでしょう。



「どうしたら生き残れるか」「どうしたらより自分らしく生きられるか」


を考えていくことも必要です。



◆いろんな分野でいろんな人が活躍している様子が、


情報として伝わってきます。



華々しい成果を上げたその人たちと自分のことを比較してみると、


学歴が違う、経歴が違う、家柄が違うなどと、


自分には備わっていない条件が目につきやすいかもしれません。



しかし、どんなに恵まれた状況にあっても、


それぞれの人は当然それぞれの状況の中で


苦しんだり、努力したりしているのです。



見るべき肝心な点は、境遇ではなく、


その人がどう考えて、どう行動をしたかです。



◆自分がたどり、積み上げたものは、自分だけのものです。



人に誇れるものがないと感じたとしても、


自分にしか見えないもの、感じられないもの、考えられないものがあります。



その経験や感性をありのままに受け入れ、認め、


さらに自分らしく居られるためにはどうしたらいいのかを考えることが、


充実した毎日を送ることができることにつながると思います。



◆自分を素直に受け入れるということはむずかしいことかもしれません。



しかし、そこに自分の心の置き所がみつかると思います。



      和田 秀樹 著  

         →  自分だけはいつも「自分の味方」



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:34:55 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2489】〔怒りに惑わされるよりも、次にどう動くかが肝心〕 | ホーム | 【気づき2487】〔どうなりたいかを、明確に決めるべき時代〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/4224-5cc1aa40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |