FC2ブログ
【気づき2846】〔効率のよい情報収集で、発想や感じ方の幅を増やせる時代〕
2019 / 12 / 02 ( Mon )






◆飛行機の中や電車の中で


乳幼児が泣くことを非常にいやがる人が大勢いるようです。



嫌がる理由は、


「うるさい」「自分の時間を邪魔される」というようなものです。



たしかに、ふだんのくらしの中で


他人の子どもが泣き叫ぶ声を全く気にしないでいることは、


多くの人にとってむずかしいことであるとは思います。



◆しかし、戦争中、沖縄において、


洞窟に逃げ込んだ住民にとって、


子どもが泣くことは即自分たちの死と直結してしました。



子どもが泣くと居場所がばれ、


その洞窟は火炎放射器の炎が襲うことにつながったのです。



一緒に逃げている近所の方に危害が加わらないために


自らの子どもに手をかけたという実話があるのです。



◆この話を聞いて、


電車の中で子供が泣くことに対する思い方が変化する人もいることでしょう。



この実際の話を聞いて、


電車の中で子供が泣くことを気にならないばかりか、


「もっと泣いていいよ」と受け入れる気持ちになるということを、


先日の鮒谷周史さんがメルマガ「平成進化論」に記載していらっしゃいました。



◆もし最低限何かを感じることができ、


その気持ちに沿って自分で気づくことを増やしたいと思うのであれば、


鮒谷氏が伝えてくださっているように、


ストーリーを多く知ることでその目的が達成されることに


あらためて気づきました。



先に上げたのは戦争中のエピソードです。



当然、今の時代は、戦争以外にも新聞や雑誌、各種本やテレビ番組、


インターネットなどストーリーを知る機会は多くあります。



◆アプローチすることができる先が多くあるため、


照準を定めないと混乱してしまうことになります。



しかし、新しい発想を得るためのインプット、


新しい感じ方を得るためのインプットなど、


種類の違うインプットを幅広く得るような時間の使い方ができる時代です。



そのメリットを存分に享受したいものです。



          岡田 尊司  著


         →  生きるための哲学



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


 
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

21:25:21 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2847】〔腹をすえるか否かで人生は変わる〕 | ホーム | 【気づき2845】〔『あと~年これをやったら終わりにしよう』も、ひとつの心の整理法〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/4585-5152d009
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |