FC2ブログ
【気づき1209】〔整理をするために捨てる〕
2019 / 12 / 11 ( Wed )






◆断捨離とは、


「不要なものを減らし、物への執着から解放されることを目指し、

身軽で快適な生活を送ること」


です。



これはもともとヨガの行法を応用した考えのようです。



◆この考え方に基づいて、


不要なものを捨てることを勧める内容の本が売れた時期もありました。
〔近藤真理恵著:「人生がときめく片づけの魔法」〕



物があふれていることを目で見ることによる脳への悪影響と、


気持ちの上で整理をつけることができないことに


関心が寄せられた結果ではないかと、


同書を読んでみて感じました。



◆目に見えない事を整理することと、


散らかった物を片付けることは違う作業のようですが


その本質は同じように思います。



基本は、整理すべき事や物をまずは選択し、


必要のないものは捨て去り、


考える幅を最小限にとどめることだと思うのです。



◆考えるべき課題かどうかをまず判定し、


考えないでいいことは考えないようにすることが必要です。



目に見えるものは、上記著書にも記載されていましたが、


ある一定の期間内に使わないものは捨てることがいいようです。



◆「整理上手は捨て上手」という言葉は、


かなり核心を突いた言葉です。



          岡田 尊司  著


         →  生きるための哲学



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


 
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:11:08 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2856】〔『今日は仕事に行きたくない』と思うのはなぜか〕 | ホーム | 【気づき2854】〔人は忘れる、だから復習が必要〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/4594-f7e06af6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |