FC2ブログ
【気づき2920】〔人前で足を組むということ〕
2020 / 02 / 14 ( Fri )






◆電車の中で足を組んでいる人を時々見かけます。



足を組むと、


組んだ人の足が通路にせり出すので通行の妨げになりますし、


混んでいる場合、前に立っている人の邪魔になります。



◆そういう場面を見ているからか、


「足を組むことは礼儀を守っていない」というイメージと直結してしまいます。



しかし、冷静に考えれば、


場所によってあり方を変えればいいのですから、


礼儀正しくないと決めつけてしまうことも問題があります。



◆ここまで考えてきて、思うことがあります。



自分は足が短く太いゆえに、


足を組むという習慣がありませんでしたが、


そもそも人はなんで足を組むのでしょうか。



これまで気にしたことがなかったのですが、


ふと気づいたのでネットで大まかに情報を見てみました。



すると、椅子に座る習慣のある西洋の人にとっては、


咄嗟に動いて相手を攻撃できないという理由から、


足を組むということは


リラックスして相手を受け入れるという意味があるようです。



これは、戦乱の時代に常に身を守る必要のあったという


歴史的な理由によります。



◆それに対して、日本は畳やお茶で正座をする文化です。



そういう環境があるので、


足はそろえているほうが礼儀正しいと感じるというのです。



しかも、戦乱の世に相対する者がお互いに安全を確認するために


正座をするということも普通に受け入れられ、継続されたともいいます。



◆また、全く視点は違いますが、


足を組む弊害もあることにも注意が必要なようです。



足を組むことを続けていると、


骨盤がゆがみ、その歪みが固定しまうようです。



それが影響し、歳をとってからO脚になったり、


猫背、肩こり、体調不良につながることもあるようなのです。



◆足を組むことを考えることにより、


異文化の理解、自身の健康について知識が広がりました。



ちょっとしたことで知識の幅が広がってラッキーです。



          苫米地 英人  著


         →  「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める! 



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

07:06:19 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<【気づき2921】〔『ストレスなく思ったように生きられ、しかも金持ちになるのは可能か〕 | ホーム | 【気づき2919】〔気づいて、動ける人が勝つ〕>>
コメント
--Re: タイトルなし--

こんなことまで考えすぎかなと思うところもあります。しかし、記事にして書こうと思った原点は、やはり中には迷惑を顧みない人がいたり、人と対するときに圧力をかけるために足を組むという人を見かけるからです。そのような手法で優位に立とうとする様を見ると、腹だたしい以上にせつなくなります。「そんなやり方でしか優位になれないの?」「周りの人があなたの心根を見透かしているけど、それでいいの」といった感じです。
by: 充実人生 * 2020/02/14 22:26 * URL [ 編集] | page top↑
----

わたしも身体の歪みのことを知り、極力足は組まないようにしています。
組むとラクなんですよね(^-^;
組んで歪むのは自己責任。
でも、マナーとしてはわきまえなければいけませんね。
人込みでは邪魔にならないように配慮するとか。
わたしも足が短く太めなので、これ以上みっともなくなりたくないので、足は組まないように注意せねば(笑)
by: ハピハピハート * 2020/02/14 17:28 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/4659-1cffb641
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |