FC2ブログ
【気づき2941】〔背負い込むだけだと、行き詰まる〕
2020 / 03 / 06 ( Fri )






◆小学校1年か2年のときの話です。



頑張っても一日ではやり切れない量の


漢字の書き取りの宿題が出されたことがありました。



そして、その宿題をやらなくてはいけないと思い、


泣きながら机に向かいました。



さすがに母親も様子がおかしいことに気づき、


近所の同級生の家に確かめに行ってくれました。



◆結局、そんなに大変な宿題は出ていませんでした。



先生の話をわたしがよく聞いていなかったのが原因でした。



自分の失敗でつらい目に遭いました。



おかげで、その日の勉強机の上の様子は


今も脳裏に焼き付いています。



◆小学1年や2年くらいの年齢で体験する、


「言われたことをやらなきゃ」「いや、できそうにない」


という心の中でのやりとりは当人にとってはかなりきついことでした。



しかも、「自分は勘違いをしているのかもしれない」とか


「確認してみよう」などと自ら気持ちを切り返して、


危機を乗り越える知恵がない分、


そのつらさはさらに増すことになりました。



◆今になってこの子供の頃の経験を思い起こすと、


いい経験をさせてもらったと思います。



50年前のことを鮮明に覚えていられるほどの貴重な経験です。



気持ちの切り返し方や動き方によって、


事態が大きく変わることを再認識させてくれるほどのインパクトがあります。



必要のない重圧を背負い込まないように注意することで


自分を守るということを、


大人になった今も思い起こさせてもらえます。



◆大人になってする仕事で、


不必要に背負い込まないためには、


自分がどこまでやるのか、


また、どこから周りに協力を要請するのかを見極め、


さらにそれを明確に言葉で表現できる力を身につけることが


必要になってきます。



見極めることなく、表現もせず、ただ背負い込むだけであると、


身動きが取れなくなってしまうことには


あらためて注意をしたいと思います。



          苫米地 英人  著


         →  「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める! 



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:43:40 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2942】〔『私心なく努力をしたら功を成す』は本当か、人生最後に試してみる〕 | ホーム | 【気づき2940】〔人生最終ステージをどう生きるか〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/4680-065e12f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |