FC2ブログ
【気づき2952】〔ムラがある、ない、どちらが有利か〕
2020 / 03 / 17 ( Tue )






◆自分のやりたいことに、


自分のペースで没頭できることは幸せなことです。



特に若いうちは、そのように自分の思ったまま、


かなりのところまでやり通すことができてしまいます。



だからこそ、がくっとペースが落ちた時は、


かなり危険な状況を迎えてしまうこともあるのかもしれません。



◆若いからこそそういうペースでもやり続けることができるのでしょう。



しかし、ペースが落ちる状況を迎えた場合、


そのときはかなりのダメージを受けている証しです。



それ以降に気持ちやエネルギーを思ったように


傾けることができなくなります。



そうなってしまっては、


非常に切ない時間を過ごさざるを得ないことになります。



◆学校のテストで、


非常に良い成績を収めるときとそうでないときの格差が激しい人がいます。



もともと能力は高いから好成績を収めることができるのでしょうが、


結果的に、勉強への注力の仕方にムラがあるからこそ、


そのような結果を迎えてしまうことになるのでしょう。



◆ここで、あらためて考えてみます。



ムラがないということは、


場合により少し低調であるかもしれませんが、


同じ調子を維持することができるということです。



調子を維持することができるということは、


どういう場面においても最低限の成果を


上げることができるということではないでしょうか。



◆この世の中で、評価を受けて、


自分の立ち位置を確保することが必要であるとしたら、


ムラが有るあり方とないあり方では


どちらが身を助けることになるでしょうか。



その点を考慮して、


自分のスタンスを定めることも


一考の価値ありということではないでしょうか。



          田坂 広志  著


         →  運気を磨く 心を浄化する三つの技法



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:34:25 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<【気づき2953】〔『空気を読めない人』が空気を読めるようになるか〕 | ホーム | 【気づき2951】〔人の闇にうまく対処する方法〕>>
コメント
--Re: タイトルなし--

わたしは、幼い頃、気分のムラがあったように記憶しています。
だから、いつも同じペースで過ごし、
落ち着いていられることを目指したように思います。
斑と書いて「むら」と読むらしいのですが、
単調でもいいので同じ色でいられることが
なんか、しっくりくる感じです。





> 考えたことのない視点です。
> わたしはたぶんムラが少ない方なのかもしれません。
> もしくは低調期のことを次のバネにしているとか?(笑)
> ムラかぁ。
by: 充実人生 * 2020/03/17 21:52 * URL [ 編集] | page top↑
----

ムラかぁ。
考えたことのない視点です。
わたしはたぶんムラが少ない方なのかもしれません。
もしくは低調期のことを次のバネにしているとか?(笑)
ムラかぁ。
by: ハピハピハート * 2020/03/17 17:04 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/4691-298d33d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |