FC2ブログ
【気づき2956】〔サリン事件から25年経って、思うこと〕
2020 / 03 / 21 ( Sat )






◆平成7年3月20日に地下鉄サリン事件が発生してから、


25年の月日が経過しました。



当時、私は32歳。



その後、人生のなかでも忙しい時期を私なりに懸命に過ごし、


そして今日を迎えています。



◆サリン事件が起こった同じ年、


平成7年1月17日に阪神淡路大震災が発生した際、


医療ソーシャルワーカーとしてボランティアに参加しました。



ボランティアに参加して数日経ったとき、


地下鉄サリン事件が発生しました。



詰所であった神戸の六甲小学校の保健室で、


NPOの医師や看護師と一緒にニュース映像を見て、


衝撃を受けたことを昨日のことのように思い出します。



◆その後、


2011年に東日本大震災で高校の後輩が亡くなったこともあり、


現地に赴き、自分にできることを模索しました。



女川のサッカー社会人チームを応援することを決め、


同時にサッカーのことを勉強しようと思い立ち、


幸運にも居住地にあったJリーグチームの


運営ボランティアに参加することにしました。



◆人の命、自分の使命などを感じたり考えたりする機会を通して、


私は自分の道を見つけていることにあらためて気づき、


感謝しています。



また、災害で肉親を亡くされたり、


故郷を去らなければならないという苦痛を味わった方々のために


何ができるかということも頭に浮かぶので、


思いついたことを行動に移したいという思いが湧いてきます。



◆2年半後にやってくる定年以降は、


「気候変動による災害の巨大化を

少しでも緩和できないか(微力すぎて無理かもしれませんが)」


という気持ちに従い、


森林の保全の仕事に就きたいと考えています。



それにくじけることがあったとしても、


そのときに自分ができることを探して、


それを地道に重ね続けていこうとあらためて思います。



          田坂 広志  著


         →  運気を磨く 心を浄化する三つの技法



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

17:50:09 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<【気づき2958】〔25年の重みとありがたさ〕 | ホーム | 【気づき2955】〔残された時間を、最大限活用する〕>>
コメント
--Re: Re: タイトルなし--

> ハピハピハートさん、思いを字にしていただき、ありがとうございます。
> うれしいです。
> 温暖化がCO2と関係ないという考えもあるようですが、
> とにかく自然の中に入る仕事がしたいと思っています。
> 一日中、掃き掃除をすることができたら、それもうれしいです。
> 目標は、レレレのおじさんです。
by: 充実人生 * 2020/03/22 16:55 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: はじめまして--

レノンさん、コメントありがとうございます。

はてな登録してみたのですが、これでOKですか?
by: 充実人生 * 2020/03/22 16:36 * URL [ 編集] | page top↑
--はじめまして--

最近ブログ村に登録してフラフラしてたどり着きました。
レレレのおじさんに感動です。
お仕事も近いところのようで親近感がわいてしまいました。
楽しみにしています。
はてなブックマークを付けてもらえると嬉しいなぁなんてヽ( ・▽・ )ノ
by: レノン * 2020/03/22 10:10 * URL [ 編集] | page top↑
----

すてきな目標だと思います。
応援させていただきます(*^-^*)
by: ハピハピハート * 2020/03/21 20:29 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/4695-0ebaa746
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |