FC2ブログ
【気づき2968】〔いきいき生きられるこつとは〕
2020 / 04 / 02 ( Thu )






◆人間ですから、


人目を気にするということや評判を気にするということはあります。



ささいなことですが、


ダブルブッキングしていることが周りに知れたらかっこ悪いことです。



そこで、こっそり再調整したりすることもあります。



準備した報告書のできに自信がなくて、


なにをするでもなく、


提出期限ぎりぎりまで手元にもっていたりします。



◆よく考えたら、ダブルブッキングしたからとこそこそしないで、


普通に振舞えばいいわけです。



開き直るのもおかしいですし、隠すこともおかしいことです。



報告書も「これでよし」と確認した時にさっとだせば、


無駄な時間を過ごさずにすみ、


次の課題に取り掛かることができるわけです。



◆人の評価を気にしていると、


気分もすっきりしないし、効率も落ちます。



快活な気持ちにもなれず、


いきいき生きていられる時間ではなくなります。



そんなときには自分がそういう状態になっていることを自覚し、


「つまらんことになっているぞ」と自分に声をかけることが大事です。



そして、「おまえはなんのためにその仕事をやっているのか」


と自分に問わなければなりません。



◆「自分の体裁を保つためか」


「ただ給料をもらうためだけか」


「何かの役に立つためか」



仕事をする際、軸になる思いは人によって違うのでしょうが、


雑念なく、快活に、


そして集中できるときは充実しているのではないでしょうか。



その自分の様子を客観的にながめてみて、


それを維持するように心がけたら


何かが見えてくるのではないかと思います。



◆無心でいられ、しかも心も楽しく、


目の前のことに集中できていたとしたら、


それは理想的な時間の過ごし方ではないかと思うのです。



          田坂 広志  著


         →  運気を磨く 心を浄化する三つの技法



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

23:13:10 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2969】〔気持ちと行いがぴったりくる黄金期は全ての人にやってくる〕 | ホーム | 【気づき2967】〔どうしたら、信頼される人になれるのか〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/4707-9a983e85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |