fc2ブログ
【気づき4348】〔『いい加減』と『いい、加減』の違い〕
2023 / 06 / 26 ( Mon )


◆加減というと、


「加えたり減らしたりして、ちょうど良いところをさがすこと」


という意味です。



なので、「いい加減」というのは、ちょうど良い最高のところに


到達したという意味合いになるはずです。



◆しかし、「いい加減」というと、


日常的には悪い意味に使います。



それは、物事はちょうどいい位ではなく、


もっときっちりやるほうがいいという考えが前提になっているからだといいます。



◆言葉に対する感覚は、人によって違います。



また、地域によっても違ってきます。



例えば、「バカ」と言われた時のニュアンスが、


関東と関西では大きく違うことは特徴的なエピソードです。



◆でも、「いい加減」という言葉についてはっきりとしておきたいのは、


「いい加減」と「いい、加減」というものは、


評価の異なる全く正反対の意味をもっているということです。



言葉の持つ意味合いをしっかりと理解して、


その言葉の持つ意味を適切に把握したうえで


表現する感性を大事にしたいと思います。



     加藤 諦三 著

       →  行動してみることで人生は開ける まず、できることから、やってみる




「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けます。
------------------------------
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:03:58 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<【気づき4349】〔自分を曲げるか、曲げないか〕 | ホーム | 【気づき4347】〔いじめをする人は自立できていない、それにどこまでつき合うのか?〕>>
コメント
--Re: ハピさんへ--

まあ、だんなさんのことは「てげてげ」で。
(*^_^*)
by: 充実人生 * 2023/06/26 22:37 * URL [ 編集] | page top↑
----

この言葉
お姑さんがわたしに話してくれました(*^-^*)
「〇〇ちゃん、いい加減でいいのよ~、いい、加減よ」
わたしは貼り切りすぎ、気負いすぎるので、お姑さんの言葉はありがたい教えでした。
今でも「いい、加減」というか「ほどほどに」、九州弁では「てげてげ」でやるよう意識しています。
わたしはゆる~く暮らす意識をもつくらいがいいみた(*^-^*)
夫は頑張る意識を持ってほしい(笑)

応援ポチ♬
by: ハピハピハート * 2023/06/26 12:47 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/5901-3e72c4dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |